離婚と住宅ローン問題:トップページ

離婚と住宅ローンの問題でお困りの方に

離婚と住宅ローンでよくある問題が以下の3つです。


1離婚するので家を売りたいが、住宅ローンが残っている。

永遠の愛を誓ったはずの夫婦でも、何らかの理由で離婚となることがあります。

残念ですが、気持ちを切り替えて、新しいスタートを切りたいもの。そんなとき気になるのが財産分与です。

離婚する場合の財産分与は、原則として公平に行われねばなりません。どちらかが不倫をしたとか、犯罪に手を染めたという場合は別にして、二人で築いてきた財産である以上、双方が納得いくように分けることになります。


2子どものために離婚後も今の家に住みたい

離婚しても、これまでの家に住み続けたいと思う方は多いようです。

持ち家に住宅ローンが残っている場合など、いろいろなケースがありますが、いずれにしてもトラブルが起きないように住まいの権利関係はきちんと把握しておくようにしましょう。


3離婚した夫が共同名義の家のローンを滞納していた。

離婚して心機一転、新しい生活をはじめた女性のもとに、数年後、裁判所から「競売開始決定通知」が届きました。

おどろいた女性が不動産の共同名義人になっている元夫に電話してみると、最近は生活が困窮しており、住宅ローンを滞納してしまったとのことでした。