離婚した夫(妻)が共同名義の住宅ローンを遅延・滞納していた。

離婚して心機一転、新しい生活をはじめた女性のもとに、数年後、裁判所から「競売開始決定通知」が届きました。

おどろいた女性が不動産の共同名義人になっている元夫に電話してみると、最近は生活が困窮しており、住宅ローンを滞納してしまったとのことでした。

とにかく対策を急ぐこと

元夫が最初に滞納した時点で元妻に相談すればよいのですが、プライドがあったり、恥ずかしかったりで、連絡せずにそのままひとりで抱え込んでしまうことが多いようです。

しかも、こういうケースでは元夫が住宅ローン以外にも借金をしている可能性が高く、早急に対策をとらなければなりません。

競売通知が届いてもまだ間に合う

「競売開始決定通知」が届いたからといって、あきらめることはありません。

債権者と交渉する余地はまだあるので、競売を取り下げてもらうことも可能です。

その後、「任意売却」の合意ができれば競売よりも有利な条件で売却できます。「任意売却」には不動産の名義人全員の同意が必要。

元夫、元妻、もし他にも共同名義がいるようであれば、すぐに連絡がつくようにしておきましょう。

競売は法律にのっとり、所有者の意思にかかわらず強制的に退去させられてしまいます。

しかし「任意売却」がまとまれば、引越し時期の調整もでき、引越し費用の確保もできます。

任意売却で住宅ローンを清算

元夫が滞納していた住宅ローンを誰か(実家など)が肩代わりしてくれれば、それが最善の策ですが、今後の返済を考えると「任意売却」で家を手放し、住宅ローンの重荷から解放されたほうがベターと判断されるケースが多く見受けられます。