離婚するので家を売りたいが、住宅ローンが残っている。

離婚するので家を売りたいが、住宅ローンが残っている。

永遠の愛を誓ったはずの夫婦でも、何らかの理由で離婚となることがあります。

残念ですが、気持ちを切り替えて、新しいスタートを切りたいもの。そんなとき気になるのが財産分与です。

離婚する場合の財産分与は、原則として公平に行われねばなりません。どちらかが不倫をしたとか、犯罪に手を染めたという場合は別にして、二人で築いてきた財産である以上、双方が納得いくように分けることになります。

連帯保証人になっている場合は複雑。

もし不動産を所有しているなら、どちらかがそのまま持つか、売却して現金で分けることになります。

いずれかが住宅ローンの残っている家をそのまま持ち、もう一方が連帯保証人になっている場合などは少し事情が複雑になります。

住宅ローンが残っている状態で住宅を売却するのであれば、任意売却という方法をとります。

これは所有者と債権者の合意のもと、担保物件を適正価格で売却する方法です。

売却額がローン残額に達しなくても債権者の合意を取り付けて担保をはずせるため、有利な方法です。

新しい住宅ローンで名義人や保証人の入れ替えを。

住宅ローンはあくまでも金融機関と申込人の取引です。たとえ親子や夫婦であっても、名義を差し替えることはできません。

連帯保証人も同様です。

もし妻が住宅ローンの連帯保証人になっている場合は、離婚することになっても勝手に抜けられず、債権者である金融機関の承諾が必要になります。

通常は住宅ローンを引き継ぐ者が新しい住宅ローンを申し込み、これまでのローンを一括返済するという過程を踏むことで、名義人や保証人を入れ替えます。